ウメ日記

アラフィフ独身 攻撃力はあるが防御が弱い 鋼の心臓探索中

話題サーフィンはほどほどに

秋葉総本殿可睡斎 風鈴祭り

ウメです

 

 

夏が来ました

天狗好きな後輩と「カラス天狗」が象徴的な静岡県袋井市可睡斎に行ってきました

 

天狗天狗とはしゃぐ後輩(御年41笑)

訪れると、丁度風鈴祭りをやっていました

この風鈴を欲しい欲しい言う後輩は1500円の値段を知り

「高っ」の一言で大人しくなりました

子供のような女です

 

可睡斎とは「眠っていい寺」という意味らしいです

不眠症に効きそうですが、私はのび太レベルの寝つきの良さゆえ不要

(不眠に効くわけではありません)

 

その名の由来は、徳川家康の幼少期から縁のある11代目住職から来ているそうです

 

殿様になった家康と面談中に居眠りした11代目住職

「無礼だ!」と怒る家臣に家康が言った言葉

 

「和尚我を見ること愛児の如し。故に安心して眠る。われその親密の情を喜ぶ、

 和尚、眠るべし」※HPより引用

 

だそうです(感想雑)

 

 

うちにも風鈴が一つあったはず

引越しのゴタゴタでどこかに紛れ込んでしまった

今週末は久しぶりに何も予定を入れていないので

ゆっくり家捜しするとしましょう

 

風鈴など買うようなキャラではないのですが

音色の美しさについ買ってしまいました

かわいいガラスのものではなく、お寺の鐘の形のやつ

 

お寺の鐘といえば、

私は巨大物恐怖症です

(数々の恐怖症を持つ女 詳しくはプロフィールをご覧ください)

お寺の大きな鐘は怖いので近寄れません

「獄門島」を見た時は違う意味で死ぬかと思いました

金田一耕助「獄門島

 

大きなものに対する恐怖は今まで幾度となく知人友人に説明してきましたが

誰にも理解されない案件

「なんで怖いの?」と自分で聞いてきたくせに

 

「へーそうなんだー」

 

で終わらせる友人らに失望したこと数多

しかしこの失望は分かってもらえない寂しさではないのです

他人の変な恐怖症を面白がれないところにガッカリなのです

(巨大物恐怖症についてはいずれたっぷり語ります)

 

 

どうでもいい事を面白がれる

私はここを人として重視しています

 

「桃太郎の桃が拾われずに流れていったらどうなるか」

 

このアホのような話題を真剣に面白がれる大人たちを紹介します

椎名誠率いる「発作的座談会」はパラダイスです

この座談会をライブで見たい!と何度思ったことか!

 

 

昔付き合っていた彼にこう聞いたことがあります

 

「自分が平仮名になるなら何がいい?」

 

彼はしばらく黙ってこういいました

 

「ち」

 

なんで?

 

「血」につながる感じがしてかっこいいから!

一文字でビビらせる言葉って他になくねえ?「ち」だろ!

 

その後も「ふ」はダメだ、とか「ん」もダメだとか考え続けていました

彼と長く付き合えた理由がわかる気がします

 

 

好きな人や、長く付き合いたい人に出会ったらこの質問をしてみることにしよう

 

「は?何言ってんの?」

「平仮名になるとか意味わかんない」

 

という反応の場合は、知人止まりになります

交友関係の試金石

 

 

試金石と言えば・・・

おっと、放っておくとどんどん話が広がってしまう

私は基本いつも自主規制をしています 笑

 

 

※ちなみに今回は自主規制をしていません ゆえに

 

話題

可睡斎

可睡斎からの風鈴

・風鈴からの鐘

・鐘からの巨大物恐怖症

・巨大物恐怖症からの面白がれる大人

・面白がれる大人からの交友関係の試金石

・試金石からのブログの書き方

 

 

自主規制をしないとこうなります 笑

ネットサーフィンならぬ「話題サーフィン」

伏線回収しながらちゃんと出発点に戻ってくるように

おしゃべりは控えめに

 

 

 

そんな着地かよ

 

 

 

では今日も

素晴らしき一日を

 

 

ウメ